銀行 借入

MENU

銀行借り入れとは

「銀行借り入れ」とは、民間の銀行や国民生活金融公庫などから資金を借りることを言います。企業だけでなく個人向けにも銀行借入は行っていて、相手によって金利も異なります。

 

企業への貸付の場合は、貸す先の企業の経営状況によって金利が決まってきますが、売り上げも順調で信頼もあり、負債が少ない企業の場合は低金利で融資を行います。

 

その反対で、経営状況が思わしくない場合は貸し倒れを防ぐために
金利が多少高くなってしまいます。

 

これは赤字企業に限らず、起業したばかりの会社や自営業の場合にもあてはまります。

 

個人事業や自営業の方の場合、銀行で融資を受けることは可能ですが、
国民生活金融公庫で借り入れ申請を出すとスムーズに取引が出来る場合があります。

 

そのほかに、事業主専門でお金を融資してくれる会社もあります。

 

銀行からの融資は、金利が低いので人気ですが、
審査が厳しいため誰でも借りられるとは限りません。
最近では消費者金融でも大口融資のカードローンが発行されていますので、
銀行の審査が通らなかったという人は、消費者金融のカードローンもおススメです。

 

カードローンは、一度カードを作っておくと、利用限度額以内であれば
何度でも借り入れすることが可能です。

 

ただし、お金の引き出し方が預金口座からの引出しととても似ているので、
繰り返し使っていると、あたかも「自分のお金」というような錯覚に陥ってしまいます。

 

そうならないように、常に「借り入れ」ということを頭に置いて利用するようにしましょう。